男はつらいよ

  1. >
  2. >
  3. 東野英治郎(坪内散歩)

坪内散歩 第2作 東野英治郎

プロフィール

1944年、俳優座設立に参加、舞台、映画、テレビで幅広い活躍をした。特に1969年から14年に渡って主演した「水戸黄門」(TBS)の“黄門様”はお茶の間に親しまれた。テレビ「男はつらいよ」で、散歩先生を演じている。

 
東野英治郎

第2作 昭和44年11月
続 男はつらいよ

坪内散歩

坪内散歩(東野英治郎)

しかしだ。おまえなんかより少し頭がいいばっかりに、おまえなんかの何倍もの悪いことをするやつが、うじゃうじゃいることだ。こいつは許せん!実に許せんバカモノどもだ!!

寅さんの恩師。不良で手がつけられなかった寅さんを分け隔てなく可愛がる。柴又で英語塾を開設し、子供達を教えている。情に厚く、大人になった寅さんに対しても、昔と変わらずに説教をする。

続 男はつらいよ

第2作 続 男はつらいよ

一年ぶりに帰郷した寅さんは、葛飾商業の恩師・坪内散歩(東野英治郎)と、その娘・夏子(佐藤オリエ)と懐かしい再会を果す。酒を酌み交わしたものの、寅さんは胃けいれんを起こし入院してしまう。しかし寅さんは病院を抜け出し、無銭飲食をして警察沙汰となり、さくらは心を痛める。故郷を後にした寅さんは、京都で夏子らと偶然再会し、散歩先生の薦めで、“瞼の母”に会いに行くが…
 散歩先生とその娘をめぐるエピソードの暖...

続きを読む

マドンナ
ゲスト