男はつらいよ

  1. >
  2. >
  3. 平田昭彦(藤堂宗通)

藤堂宗通 第19作 平田昭彦

プロフィール

東大法学部を卒業後、商社を経て第5期ニューフェースとして東宝に入社。『ゴジラ』(54年)の博士役や、岡本喜八監督のアクション映画のインテリ殺し屋役などで個性を発揮。84年没。

 
平田昭彦

第19作 昭和52年8月
男はつらいよ 寅次郎と殿様

藤堂宗通

藤堂宗通(平田昭彦)

坊ちゃんですか? ほう、可愛いですねぇ

殿様の長男。鞠子とはすでに縁を切ったと、とらやに手切れ金を持って現れる。どこまでもクールで、熱い殿様とは正反対のタイプ。

男はつらいよ 寅次郎と殿様

第19作 男はつらいよ 寅次郎と殿様

旅先の寅さんは、伊予の国大洲で、わけありの若い女性・鞠子(真野響子)に親切にする。その後、大洲の城跡で浮世離れした老人と知り合うが、その老人こそ、世が世なら伊予の殿様・藤堂久宗(嵐寛壽郎)であった。饗応を受けた寅さんは、殿様の「次男の未亡人に一目会いたい」という願いを安請け合い。しばらくして殿様は、とらやに「寅次郎君はおりますか」とやってくるが…
 サイレント映画時代から昭和二十年代にかけて時代...

続きを読む