男はつらいよ

  1. >
  2. >
  3. 香山美子(染奴・染子)

染奴・染子 第3作 香山美子

プロフィール

子役から活躍し、1960年代後半から松竹の若手女優として数々の映画に出演。渥美清とは野村芳太郎監督の『喜劇 でっかいでっかい野郎』(69年)で共演。代表作は、加藤泰監督の『江戸川乱歩の陰獣』(77年)。初期のリカちゃん人形(香山リカ)のモデルとなった。

 
香山美子

第3作 昭和45年1月
男はつらいよ フーテンの寅

染奴・染子

染奴・染子(香山美子)

お父ちゃん、ウチ妾なんか行きとうない、信夫さんのお嫁さんになりたいんや、ね、お父ちゃん

湯の山温泉の芸者で、お志津の弟信夫の恋人。四日市の実家には、元テキ屋で病床についている父・清太郎(花沢徳衛)がいるため、芸者として働いている。

男はつらいよ フーテンの寅

第3作 男はつらいよ フーテンの寅

柴又に帰って来た寅さんを待ち受けていたのは、見合い話だった。相手は川千屋の仲居・駒子(春川ますみ)。彼女は寅さんの昔なじみで、亭主持ちということで、大騒動に。それから暫くして、竜造とつね夫婦が、三重県の湯の山温泉へ旅行に行くと、なんと旅館で寅さんが番頭をしていた。旅館の美人女将・志津(新珠三千代)に一目惚れして、居着いてしまったという・・・
『なつかしい風来坊』(66年)など山田洋次作品の脚本を...

続きを読む