男はつらいよ

  1. >
  2. >
  3. 河原崎健三(信夫)

信夫 第3作 河原崎健三

プロフィール

父は河原崎長十郎、兄は長一郎と次郎の俳優一家の三男。森崎東監督のデビュー作『喜劇・女は度胸』(69年)で、渥美清の弟を好演。

 
河原崎健三

第3作 昭和45年1月
男はつらいよ フーテンの寅

信夫

信夫(河原崎健三)

荷物は後ろに乗ってらあ。こいつを担いで俺は一生歩くんだ!!なあ!

早くに父母をなくし、姉の志津が母親がわり。大学に通っているが、幼なじみの染奴が忘れられず、彼女の真意をただすために故郷に戻ってくる。寅さんから恋の指南を受ける。

男はつらいよ フーテンの寅

第3作 男はつらいよ フーテンの寅

柴又に帰って来た寅さんを待ち受けていたのは、見合い話だった。相手は川千屋の仲居・駒子(春川ますみ)。彼女は寅さんの昔なじみで、亭主持ちということで、大騒動に。それから暫くして、竜造とつね夫婦が、三重県の湯の山温泉へ旅行に行くと、なんと旅館で寅さんが番頭をしていた。旅館の美人女将・志津(新珠三千代)に一目惚れして、居着いてしまったという・・・
『なつかしい風来坊』(66年)など山田洋次作品の脚本を...

続きを読む