男はつらいよ

  1. >
  2. >
  3. 池内淳子(六波羅貴子)

六波羅貴子 第8作 池内淳子

プロフィール

1960年代から70年代にかけてテレビドラマのヒロインとして活躍。映画デビューは1950年代。東宝の「駅前」シリーズや、TBSの日曜劇場「女と味噌汁」で人気を博す。加藤泰監督の『沓掛時次郎 遊侠一匹』(66年)で、渥美清と同一場面はないが共演をしている。

池内淳子
六波羅貴子

第8作 昭和46年12月
男はつらいよ 寅次郎恋歌

ああ、いいなァ、旅って、
私も今すぐにでも
行っちゃいたいわ、
こんなお店も何もかもみ
んな捨てちゃって、
ね、寅さん

六波羅貴子

六波羅貴子

題経寺のほど近くに開店した喫茶店「ローク」の経営者。小学三年生の一人息子・学を育てながら店を切り盛りしている。寅さんは内気な学の遊び相手になり、貴子の抱えている問題を解決したいと願うが・・・

男はつらいよ 寅次郎恋歌

第8作 男はつらいよ 寅次郎恋歌

「ハハキトク」の報を受け、備中高梁へと向かった博とさくらは、葬儀にやってきた旅先の寅さんとバッタリ再会。博と父・飃一郎の関係はギクシャクしているが、寅さんは飃一郎と意気投合して高梁に残る。そこで「本当の人の暮らし」についての説教を受け、反省の気持ちと共に柴又へ。同じ頃、門前では、六波羅貴子(池内淳子)が喫茶店「ローク」を開店。女手一つで、小学生の息子を育てる貴子に、寅さんの想いは募るばかり・・...

続きを読む