男はつらいよ

  1. >
  2. >
  3. 樫山文枝(筧礼子)

筧礼子 第16作 樫山文枝

プロフィール

劇団民藝所属。NHK朝の連続テレビ小説「おはなはん」(66年)のヒロインでお茶の間の人気者に、『黒部の太陽』(68年)、『孤島の太陽』(68年)といった映画に出演。「おはなはん」のテーマ曲を倍賞千恵子が歌い、松竹映画版(岩下志麻主演)の脚本は山田洋次監督が執筆。

樫山文枝
筧礼子

第16作 昭和50年12月
男はつらいよ 葛飾立志篇

これからも
(考古学を)一生続けて行くことに
何の疑問も持っていなかったんだけど、
それがいざ結婚ということが起きてみると、
根本からぐらいついてしまって・・・

筧礼子

筧礼子

東京大学で考古学研究室助手をつとめる才媛。御前様の親戚にあたる。とらやの二階に下宿し、寅さんの家庭教師となる。自分は何のために学問をするのか? 寅さんの思わぬ問いに戸惑う。恩師である田所教授(小林桂樹)から結婚を申し込まれる。

男はつらいよ 葛飾立志篇

第16作 男はつらいよ 葛飾立志篇

寅さんを訪ねた女学生・最上順子(桜田淳子)は、もしや寅さんが実父ではないかと、さくらたちを困惑させる。ひと騒動あって、寅さんはまたもや旅の人。その間に、御前様の親戚の大学助手の筧礼子(樫山文枝)がとらやに下宿することになる。柴又に戻ってきた寅さんは、俄然向学心に燃え、礼子が家庭教師となる。伊達眼鏡をかけて猛勉強する寅さんは、やがて礼子の恩師・田所教授(小林桂樹)と意気投合する。その田所は礼子に...

続きを読む