男はつらいよ

  1. >
  2. >
  3. 都はるみ(京はるみ)

京はるみ 第31作 都はるみ

プロフィール

1964年レコードデビュー、同年の「アンコ椿は恋の花」のビッグヒットで、日本レコード大賞新人賞を受賞。「北の宿から」(76年)で日本レコード大賞、「大阪しぐれ」(80年)で日本レコード大賞最優秀歌謡賞に輝く。

都はるみ
京はるみ

第31作 昭和58年8月
男はつらいよ 旅と女と寅次郎

そんな人生もあるのね、
明日は何をするか、
明日にならなきゃ
決まらないなんて、
いいだろうな

京はるみ

京はるみ

人気演歌歌手。仕事と私生活の板挟みに悩み、新潟公演を前に、突然失踪。出雲岬の港で、寅さんと出会い、そのまま一緒に佐渡島へ。自分をスターとして見ずに、一人の女性として接する寅さんの優しさにふれて、癒される。京はるみは、もともと都はるみに付けられる予定だった芸名。

男はつらいよ 旅と女と寅次郎

第31作 男はつらいよ 旅と女と寅次郎

寅さんが、満男の小学校生活最後の運動会に行くか行かないで、大げんか。そして旅先の佐渡島への港で出会ったのが、私生活と仕事の板挟みで何もかも投げ出したくなって、失踪中の演歌歌手・京はるみ(都はるみ)。そうとは知らず寅さんは、彼女と佐渡への二人旅。楽しい時を過ごし、やがて別れの時が。彼女の正体にいつしか気づいた寅さんは、優しい言葉をかける。そして柴又、「佐渡島の休日」に想いを馳せ、はるみの歌に聞き...

続きを読む

マドンナ
ゲスト