男はつらいよ

  1. >
  2. >
  3. 第44作 男はつらいよ 寅次郎の告白
男はつらいよ 寅次郎の告白
スタッフ

第44作 (平成3年12月 公開)
男はつらいよ 寅次郎の告白

及川泉(後藤久美子)が、楽器店への就職を希望し、上京する。しかし、父母の離婚や、母・礼子(夏木マリ)が水商売ということが障壁となる。どうすることも出来ない満男は歯がゆい。泉が名古屋へ帰ると、母の再婚問題が彼女を悩ませる。家出をした泉が出した手紙をみて、あわてて満男は鳥取へ向かう。その頃、泉はなんと寅さんと再会。鳥取砂丘で満男と合流した三人は、寅さんの昔なじみの料亭“新茶寮”へ、女将・聖子(吉田日出子)を訪ねるが…
 高校三年となった泉が、就職・母親の再婚と、身近だが深刻な問題に直面する。家出をした泉は、鳥取で懐かしい寅さんの優しさに触れる。一方の満男は、泉への想いだけは強いが、彼女の抱えている問題をどうすることもできない。青春ドラマとしての「満男シリーズ」第三弾は、かつて訳ありだった艶っぽい女将・聖子と寅さんの微妙な関係が描かれている。さくらと博の心配は、寅さんから満男へと大きくシフトしている。危なっかしい甥っ子を寅さんは、温かく見守る。

拝啓寅さん
みんなからのメッセージ

忘れかけた人情

寅さん命さま

毎回土曜日の寅さんシリーズ楽しみにしています。寅さんシリーズも平成の作品に入って来ましたが、公衆電話からのやり取りや家族の温かさ、男女の甘酸っぱい思い出など随所に日本人の人情を思い出させてくれました。おじさんだったら何て言うだろうか。青春の曲がり角に立った時、満男くんが思いをはせ...られることがとても羨ましく、泣けて来ます。今回もありがとうございました。

もっと読む

振られてばかりの寅さんじゃなかった。。

葛飾新小岩育ちさま

寅さんはいつも振られている印象でしたが、今回は違いました。
満男くんも言っていましたが、寅さんは必ずしも振られているのではなく、見守っているのだと思います。
泉ちゃんが寅さんに次はいつ会えるのか尋ねると、会いたいと思った時に会えるよと言っていたセリフが印象的でした!
寅さん...、ありがとう!

もっと読む

この作品の感想を送る

及川泉

及川泉

会いたかった・・・
おじちゃまに

マドンナ

及川泉

及川泉(後藤久美子)

就職問題や母との確執に悩み、高校三年生になった泉は、名古屋の自宅から家出をする。「鳥取にいる」とのハガキをたよりに、満男はそんな泉を探しに行くが・・・

  • btn_link

及川泉 第42・43・44・45作 後藤久美子

小学五年生からモデルとして活躍、1986年「テレビの国のアリス」(NHK)でデビュー、キャッチフレーズは「国民的美少女」。第42作『ぼくの伯父さん』(89年)、第43作『寅次郎の休日』(90年)、第44作『寅次郎の告白』(91年)、第45作『寅次郎の青春』(92年)、第48作『寅次郎紅の花』(95年)で、五作及川泉を演じた。

続きを読む

閉じる

ゲスト

聖子

聖子(吉田日出子)

寅さん、電気消してもええ? まぶしうて・・・ああ、すっかり酔っぱらってしまった・・・

かつて、寅さんが恋のライバルと競った料亭の女将。結局、寅さんが破れ、聖子は結婚するが、その夫と死別、鳥取市の料亭・新茶家を切り盛りしている。

  • btn_link

聖子 第44作 吉田日出子

俳優座養成所、文学座研究生を経て、劇団自由劇場を立ち上げた。舞台「上海バンスキング」「もっと泣いてよフラッパー」などのミュージカル、数々の映画、テレビドラマで活躍。1989年、舛田利雄監督の『社葬』で、日本アカデミー賞助演女優賞を受賞。

続きを読む

閉じる
及川礼子

及川礼子(夏木マリ)

泉、家出しちゃったのよ・・・

泉の母、名古屋でミニクラブの雇われマダムをしている。交際相手(津嘉山正種)を家に連れて帰るが、泉の猛反発を受けてしまう。年頃の娘とのコミュニケーションと女性としての自分の間で悩む。

  • btn_link

及川礼子 第42・43・44・45・48作 夏木マリ

1973年、「絹の靴下」が大ヒット、歌手、女優として、ステージや映画、テレビドラマで活躍。シリーズでは、第42作『ぼくの伯父さん』(89年)、第43作『寅次郎の休日』(90年)、第44作『寅次郎の告白』(91年)、第45作『寅次郎の青春』(92年)、第48作『寅次郎紅の花』(95年)で、泉の母・礼子を演じている。

続きを読む

閉じる
男はつらいよ 寅次郎の告白

今回の寅さん

寅さん
名ゼリフ

いいか、恋というものはな
長続きさせるためには
ほどほどに愛するということを
覚えなきゃいけない
ところが、若すぎる満男に
それはできない

車一家登場人物の一言

  • 諏訪さくら
    諏訪さくら
    それも考えたんだけどね、畳の部屋で賑やかにゆっくり食べた方が、あの子(泉)も嬉しいんじゃないかと思って、ほら、ふだん、寂しく暮らしているから
  • 車竜造
    車竜造
    いい年して、そんなペテン師みたいなことをやっているのか・・・
  • 車つね
    車つね
    三代続いた、この店の跡取りが・・・はぁ、情けない
  • 桂梅太郎
    桂梅太郎
    お前がな、一度だってほどほどに愛したことがあるか?
  • 諏訪博
    諏訪博
    泉ちゃんの苦しみを、どこまであいつ(満男)が理解できるか、そこにかかってんな・・・
  • 諏訪満男
    諏訪満男
    あの伯父さんはね、手の届かない人がいると夢中になるんだけど、その人が伯父さんのことを好きになると、あわてて逃げ出すんだよ・・・
夢

本作品にはなし

騒動

騒動

人手不足騒動

泉が就職できなかったら、朝日印刷で引き受けるから、との人手不足に悩むタコ社長の申し出。寅さんが「あれが会社?」、社長は「お前は体のいい失業者じゃねぇか」と売り言葉に買い言葉。

あにいもうと

あに
いもうと

泉ちゃんの置かれた厳しい境遇と、満男の恵まれた境遇を想い、泉の幸せについて考えるさくら夫婦。寅さんは、泉と語り合うことで、泉をなぐさめる。

人々

人々

  • 銀座山野楽器 売り場主任・吉村/山口良一(泉が就職で面談する)
  • ポンシュウ・サブ(寅さんのテキヤ仲間)
  • 鳥取県 倉吉 駄菓子屋のおばあちゃん/杉山とく子
  • 鳥取砂丘まで寅さんと泉を車で送ってくれるおばあちゃんの孫
  • 聖子/吉田日出子(新茶家の女将)
  • 八東川河畔の釣り人/笹野高史

寅さんの
啖呵売

啖呵売

お前、ちょっとここへすわれ。例えばだ、駅から降りた人通りの多い、薄暗がりで、お前一つの箱を大事そうに抱いて、泣いているんだよ。『うえーん、うえーん』・・・そこへ、俺がすっと通りかかる。お兄ちゃん、お前、こんなところで何泣いているんだい。お前はひときわ声を大きくして、泣くな・・・泣いてばかっりいたって、わかんないじゃないかよ、どうしたんだい、わけを言ってごらん、うん、うん、えっ何? それじゃ、泥棒じゃないか!(くるまや、寅さん、三平をサクラにスカウト)

売ネタ

  • スタンド(鳥取市若桜橋・しゃんしゃん祭り)
  • 健康サンダル(岐阜県蛭川村・安弘見神社・奉納花馬)

  • 寅さん「月がとっても青いから」
  • 寅さん・おばあちゃん「貝殻節」
  • <挿入歌> 徳永英明「どうしようもないくらい」

ロケーション

  • 岐阜県 恵那郡 蛭川村(現・中津川市)/木曽川にかかる鉄橋
  • 岐阜県 恵那郡 蛭川村(現・中津川市)落合川駅/バスに乗り遅れる寅さんとポンシュウ
  • 岐阜県 恵那郡 蛭川村(現・中津川市)奥恵那峡下り 乗船場/遊覧船に乗り遅れる寅さんとポンシュウ(タイトル・バック)
  • 岐阜県 恵那郡 蛭川村(現・中津川市)恵那峡/で夫婦の船に便乗させてもらう寅さんとポンシュウ(タイトル・バック)
  • 鳥取県 鳥取市 若桜町 若桜橋/鳥取しゃんしゃん傘まつり、寅さん・ポンシュウ・サブが、八東川にかかる若桜橋の近くで、スタンドのバイをする
  • 鳥取県 倉吉 打吹公園/旅に出た泉が、校庭のブラスバンド部の練習をみて、高校時代を思い出す
  • 鳥取県 倉吉市 白壁土蔵群/そこの駄菓子屋にお世話になる泉、寅さんとバッタリ再会
  • 鳥取県 気高郡(現・鳥取市)気高町 魚見台付近/泉と寅さんを乗せた車が国道9号線を走る
  • 国立公園 鳥取砂丘/満男が泉を待っている
  • 鳥取県 鳥取市 河原町 新茶家/寅さん、昔なじみの聖子(吉田日出子)と再会
  • 鳥取県 八東川河畔/泉と満男が朝の散歩をしている
  • 鳥取県 千代川堤防近く 出合橋バス停/寅さんたちを聖子が見送る
  • 鳥取県 鳥取市 鳥取駅/寅さんが、泉と満男を見送る
  • 若狭鉄道安部駅/寅さんが公衆電話で柴又に電話する
  • 岐阜県 蛭川村 安弘見神社 花馬奉納/寅さんが健康サンダルのバイをする
蛭川

岐阜県 蛭川

日本地図
岐阜県 蛭川

蛭川 基本情報

岐阜県南東部、木曽川を挟んで恵那市の北に位置する。 南を除く三方を山に囲まれた小盆地を形成しており、その中央を和田川が南流し木曽川に注ぐ。 恵那市との境界には東濃を代表する景勝地・恵那峡がある。

Wikipediaへ

  • btn_link

第44作
岐阜県 蛭川

詳しく観る

近隣のロケ地
閉じる
鳥取

鳥取県 鳥取

日本地図
鳥取県 鳥取

鳥取 基本情報

鳥取市(とっとりし)は、日本海に面した鳥取県東部(因幡地方)の特例市で、同県の県庁所在地である。鳥取平野を中心に市街地を展開する。日本海に面し、沿岸には日本最大の砂丘地、鳥取砂丘が広がる。

Wikipediaへ

  • btn_link

あの頃

食べ物

豆腐

傷心の泉が、訪れた鳥取県倉吉市の白壁土蔵の町・倉吉の駄菓子屋で、あんぱんを求め食べていると、そこのおばあちゃん(杉山とく子)が、一緒に夕食を食べようと言ってくれる。おばあちゃんに頼まれて、泉は豆腐を買いにゆく。豆腐が中国から日本に渡来したのは奈良時代、遣唐使によって伝えられたとされる。大豆を水につけて柔らかくし、砕いて煮だして出来た投入ににがりを加えて固める。アジアを中心に世界中のさまざまな料理に使われている。駄菓子屋のおばあちゃん・杉山とく子は、第5作『望郷篇』で、浦安の三七十屋豆腐店の店主を演じていた。

モノ

ゆうパック

寅さんが鳥取から、季節の便りとともに送ったのが葡萄。くるまやでは評判が悪く、結局社長が「葡萄酒」を造ろうと引き取るが、寅さんが送ってきたのはゆうパック。第5作『望郷篇』では、浦安から油揚げを郵便小包で送ってきたが、この頃は、宅配便が普及し、郵便局派の寅さんもゆうパックを利用している。小包包装物の名称だった「ゆうパック」が、1987年郵便小包の愛称として制定された。

ファッション

健康サンダル

寅さんが岐阜県蛭川村・安弘見神社の縁日でバイをするのが健康サンダル。 足裏に接する部分の凹凸が、刺激となって、効用があるとされる健康器具。1960年代後半に開発され、健康ブームにのって普及している。

主な出来事

11月5日
宮澤喜一内閣発足。
12月4日
パンアメリカン航空倒産。
12月8日
独立国家共同体 (CIS) の創立宣言、ソ連離脱の合意。
12月25日
ソビエト連邦崩壊。ゴルバチョフ大統領辞任。
12月29日
中国が核拡散防止条約の参加を決定。

データ

封切り日
平成3年12月21日
観客動員数
2,100,000人
入場料
1,500円
上映時間
104分
受賞歴
第2回文化庁優秀映画作品賞・長編映画部門(1992年)
併映作品
『釣りバカ日誌4』
監督:栗山富夫 出演:西田敏行、石田えり、三國連太郎、谷啓、尾美としのり、佐野量子
スタッフ
監督 : 山田洋次 脚本 : 山田洋次 朝間義隆
原作 : 山田洋次
撮影 : 高羽哲夫
音楽 : 山本直純
美術 : 出川三男

現在のページ

男はつらいよ 寅次郎の告白

第44作 男はつらいよ 寅次郎の告白