男はつらいよ

男はつらいよ

  • 作品データベース
  • 映画を創った男
  • マドンナ
  • PLAY
  • 家族はつらいよ
  • オンデマンド配信
  • フーテン便り
  • 会員登録
  • ロケーション

ありがとう寅さん

みんなからのメッセージ

  • 寅次郎恋愛塾

    華
    華 さん

    テキヤ仲間のポンシュウが 喪服の女は色っぽくて いいなア。 それに対して寅さんは お前が死んだ時 お前の娘が泣いているのに、どっかの助平野郎が そんな事を言ったら、お前、 腹が立たねいか? 俺が死んだって あの馬鹿娘は 泣きゃぁ しねえよ  馬鹿野郎 どこの世界に 親が死んで 悲...しまねえ娘がいる、てめえ そんな事言ってると 罰があたるぞ。寅さんの 家族を愛する 気持ちが、この一言に
    凝縮されている セリフです。
    ちなみに ポンシュウの名前ですが 三代目桂三木助 演ずる 甚五郎伝 三井の大黒の中で 名人甚五郎を 知らぬ大工さん達が アイツは ポーとしているから ポンシュウだと、呼びます、落語に造詣の深い 山田監督は この辺から 付けたのではないのでしようか?。  華
     

    もっと読む

    第35作
    男はつらいよ 寅次郎恋愛塾

    作品情報へ

  • ぼくの伯父さん

    華
    華 さん

    泉のおじさんは 満男の事を迷惑だと主張します、それに対して、寅さんは,満男の事は褒めてやりたいと言います、いずれにも 言い分はあるのですが、泉のおじさんは 建前論、寅さんは人情論の対立です、寅さんファンとしては やはり ここは 寅さんのカタを持ちたい気分です。 その後 校門で 泉...に逢った寅さんが泉に 早く土地の言葉を覚えて友達を作りな、よかか? 泉 よか このシーンは テキヤとして全国を歩いている、旅人でなければ 言えない言葉です、満男の恋人 泉ちゃん にたいする 寅さんの 暖かい気持ちがよく現れているシーンだと思います。

    もっと読む

    第42作
    男はつらいよ ぼくの伯父さん

    作品情報へ

  • 寅次郎サラダ記念日

    華
    華 さん

    鈴木美光枝さん演ずる 老婆が入院のため 我が家を離れます 長年 夫と暮らした、愛する我が家も、これが見納めかと 別れるシーンは 涙が出てきます。
    私達 寅さんファンも いつか こんな シーンを迎えることになるのでしょう
    寅さんを見て いつも 思うことは 今 この時間を大切に生...きるということです。が 中々それが出来ず 寅さん流に只々反省の日をおくっております。

    もっと読む

    第40作
    男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日

    作品情報へ

  • 寅次郎恋歌

    華
    華 さん

    寅やで おいちゃんが 瓢一郎氏に寅さんの話した、 竜胆の咲く農家での食事の話をします、あれは馬鹿ですから どっかの無責任な野郎言った事でしょうが、
    と 愚痴をこぼします、その時の 名優 志村喬氏の 顔,その後 イヤあれは 私が言ったんです、といった時の 軽妙 森川信氏の顔、全シ...リーズ中 最高の面白さです、何度見てもおかしい 今 思い出しても 笑ってしまいます。

    もっと読む

    第8作
    男はつらいよ 寅次郎恋歌

    作品情報へ

  • 閉じ行く町

    寅年生まれのとらひろ
    寅年生まれのとらひろ さん

    私は 第8作第32作のロケ地に来ていただいた岡山県高梁市に住んでます。
    先日 杉田かおるさんが映画でお手伝いされてたお店のおばさんが84歳でお亡くなりになりました。
    毎朝煙草を買いに行くと5分10分の雑談。
     味噌汁食べる?
     また万引きされた
     あの山を学校の始業のチ...ャイムを聞きながら転げ降りて来た
     孫娘が学校の先生になって苦労してる
     山椒なら中庭にあるから取ってきてあげる
     ・・・・
    息子さんも脳梗塞を患い配達もできなくなり お店を閉じることにしたそうです。

    お寺 武家屋敷 酒屋 旅館 はまだありますが、 松茸をもって駆け下りてくる跨線橋は壊されまた。

    昔のことばかり懐かしいでいても仕方ないのですが、
    今は只映像に記録していただいてること ほんとに感謝しています。

    日本全国津々浦々同じ思いで感謝していると思います。

    縮小していく町々
     人口減少という大きな流れに逆行して、維持するのもままならないのに、
     今更ながらの開発 事業 作ることが目的なのか 何年もつのか? 
     利用するのが目的なのか・・・・
     
     滅び行くとはちょっときついので、
     縮小していく 地方の地域。
     
     とらさんの生きた街並み としてまた来ていただければと思います。

    亡くなられた商店の叔母さん 何度も何度もロケの時のお話 自慢げにお話しされてました。

    もっと読む

    第32作
    男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎

    作品情報へ

  • リリーのリサイタルの夢

    灰だらけの猫
    灰だらけの猫 さん

    リリーのリサイタルを開いてあげる夢を語る寅さんがとても素敵です。リサイタルの情景が本当に目の前に広がり、優しい寅さんの気持ちが伝わる名シーンです。

    第15作
    男はつらいよ 寅次郎相合い傘

    作品情報へ

  • 花(螢子さん)も嵐(三郎さん)も寅さんのおかげですね

    gyumaou
    gyumaou さん

    この映画が放映された、7年後の平成元に、お二人は結婚
    されましたね。。。「男はつらいよ」ですね。
    やっぱり、この映画のように、「寅さん」のおかげですね。
    「寅さん」…最高!

    第30作
    男はつらいよ 花も嵐も寅次郎

    作品情報へ

  • 伝説の始まり、最も偉大な作品

    風天のトモロー
    風天のトモロー さん

    レビュータイトルにあります「伝説の始まり」、
    実際にはテレビ版があっての映画ではありますが、敢えてこの表現をすることをお許し下さい。

    確かにテレビ版で「男はつらいよ」の基本設定は出来ておりますが、テレビ版では最後に寅さんが死んでしまい、映画にて改めて作り直されました。
    ...何より愚兄=寅さん=渥美清さんに対する、賢妹=さくらさん=倍賞千恵子さんという完璧かつ邦画史上最高の組合わせを誕生させた映画第一作は偉大過ぎます。

    48作あるシリーズの中で、最高傑作は他にあり、最高のマドンナも他にあります。
    脚本も続編が作られると決まっていなかった作品ですから、いささか駆け足気味に感じる点もあります。
    しかし、第一作がなければシリーズ化されることはなく「男はつらいよ」が伝説となることもなかったのです。

    付け加えて、
    笠智衆さんという小津安二郎監督作品を代表する名優と
    志村喬さんという黒澤明監督作品、そしてゴジラ・シリーズを代表する名優を脇に添えたことも偉大過ぎます。
    仮に第一作のみで続編が無かったとしても、「男はつらいよ」は、日本映画界の宝であったと言えます。

    もっと読む

    第1作
    男はつらいよ

    作品情報へ

  • ずっと、後回しにしていました。

    心はいつでも葛飾柴又
    心はいつでも葛飾柴又 さん

    全48作。鑑賞する順はその日の気分で決めていましたが、第一作はどうしても特別な時に取っておきたくて、長いあいだ未鑑賞でした。
    ファーストカット、満開の桜が映った瞬間、胸がいっぱいになりました。日本人の心のふるさとです。日本語で理解できることが誇らしい作品の一つだと思います。

    第1作
    男はつらいよ

    作品情報へ

  • 本当の人間の生活

    ヌートリアのママ
    ヌートリアのママ さん

     一番好きなセリフは第八作諏訪飃一郎のセリフです。
     寅次郎君、今、君は女房も子供もいないから身軽だと言ったね? あれはもう十年も昔の事だがね、 私は信州の安曇野という所に旅をしたんだ。バスに乗り遅れて田舎道を一人で歩いている内に、 日が暮れちまってね。暗い夜道を心細く歩いてい...ると、ポツンと一軒の農家が建ってるんだ。 リンドウの花が、庭いっぱいに咲いていてね。開けっ放した縁側から、明かりのついた茶の間で家族 が食事をしてるのが見える。まだ食事に来ない子供がいるんだろう。母親が大きな声でその子供の 名前を呼ぶのが聞こえる。私はね、今でもその情景をありありと思い出す事ができる。庭一面に 咲いたリンドウの花。明々と明かりのついた茶の間。にぎやかに食事をする家族達。私はその時、 それが、それが本当の人間の生活ってもんじゃないかと、ふとそう思ったら急に涙が出てきちゃってね。 人間は、絶対に一人じゃ生きていけない。逆らっちゃいかん。人間は人間の運命に逆らっちゃいかん。 そこに早く気がつかないと、不幸な一生を送る事になる。分かるね、寅次郎君。
     第八作を観る時、泣いてしまいました。人間の宿命ってこういうことですね。人間は一人で生きていけないって、互いに尊重し、個性を保って支えて過ごすほうが良いということでしょう。如何に偉大な人でも、一人で生きていけません。「身軽」より、なんの実利のためでもなく、互いに面倒を見ていくのはどんなに幸せなことでしょう。好きな人と一緒に過ごしたいと思います。

    もっと読む

    第8作
    男はつらいよ 寅次郎恋歌

    作品情報へ

  • 昭和の風景を見に行きたい(゚∀゚)

    ヌートリアのママ
    ヌートリアのママ さん

     子供の頃、『男はつらいよ』の中国語訳バージョン『寅次郎的故事』(寅次郎の物語と訳された)を観た記憶は今でも心に残っています。特にその唄のメロディー、大好き です。この一年はんは時々ネットで観ます。このシリーズは八十年代に中国語に訳され、映画館に上映して、大人気を博したので、後に...は CCTV6(映画番組)に連続放映しました。2000年前後の事でした。あの頃、私はまだ小学生で、アレルギーのため大量な目薬を使ったので、悪化してしまいました。番組は勿論、毎回ただ20分程度の子供向けも母親に禁じられましたのでテレビで何か娯楽しようと思っても聴くしかできませんでした。『男はつらいよ』の唄はすごく印象的なので、去年から探してみま した。実は中国でも寅さんファンが多いです。寅さんの ため柴又帝釈天に旅行に行く人も少なくありません。ネットでグループも作りました。
     私 はこのシリーズが好きです、けれども観る時には笑ったことが一度もありません。何度も涙が出てしまいました。コメディーというより、むしろ平凡人の悲劇ではないかと常に思っています。 「成れない」ではないのに、なぜ毎回逃げるのか。旅が一段落したら、とらやに戻って、また何かトラブルを起こってしまうというパターンで絵巻のように展開 してきた、リズムがいいと思います。
     寅さんは見た目で自由かも知れませんが、実は穏やかな生活への憧れがあってもなかなか実現できない人でしょう、と私が勝手に そう思います。マドンナたち(リリさん以外)は結婚するか、仕事中心か、どういう選択しても目標がはっきりしたらしいが、「女の旅は帰り道がない」とも言えるかもしれません。そういう一旦決めたら、やり直されない選択の重さはいつでもとらやに戻れる寅さんにとって、とても堪えないでしょう。
     どこでも新しい出発点になれるのは決して悪いことではありませんが、ただ何歳になっても「少年」に過ぎません。主題曲の歌詞「奮闘努力が甲斐もなく、今日も涙も、今日も涙も日が落ちる 日が落ちる」のように、毎日反省して、人間の成長を求めている寅さんは一生少年のまま生きていくかも知れません。いいことかも知れませんが、ただ家族や好きな人と穏やかに過ごすことはできないと思います。
     偶然に好きな人もこのシリーズが好きと言った、嬉しかったです。第26作で初めて江差の風景を見ました。好きな人の故郷ですね、と感動しました。彼のお母さんは伊藤蘭さんと同じような清楚な美人だったのか、彼の子供時代の日本だよね、彼はかもめ島に遊びに行ったことがあるでしょう・・・と色々想像しました。片思いばっかりの私を慰めるのは『男はつらいよ』ですね。寅さんのおかげで昭和後期の日本を周遊しました。最近は告白しようと思って、「恋の専門家」の寅さんに会いたいなぁ(笑)。ありがとうございます!寅さん

    もっと読む

    第26作
    男はつらいよ 寅次郎かもめ歌

    作品情報へ

  • 寅さんの妹

    寅さん舟屋のあじさいの恋
    寅さん舟屋のあじさいの恋 さん

    1月30日福井県越前市文化センターに寅さんクラシックコンサート行って来ましたよ!妹のさくらさんに会えてバックに寅さんの画像が写し出され歌にトークの満喫した時間嬉しい1日になり寅さんも聞いてくれてたかな奮闘努力の甲斐もなくをさくらさん熱演で歌ってもらい寅さんにも届いたかなって思い涙...しました。

    もっと読む

    第9作
    男はつらいよ 柴又慕情

    作品情報へ

次へ

寅さんに「ありがとう」を伝える!

ロケ地で思い出の地巡り!生まれ故郷“柴又”

今回は寅さんの生まれ故郷、葛飾柴又を巡ってみよう!