男はつらいよ

  1. >
  2. >
  3. 藤村志保(島田藤子)

島田藤子 第20作 藤村志保

プロフィール

1961年大映演技研究所に入り、翌年『破戒』(62年)に出演し、各種新人賞に輝く。市川雷蔵の「眠狂四郎」シリーズや、勝新太郎の「座頭市」シリーズなどのヒロインとして時代劇を中心に活躍。1965年の大河ドラマ「太閤記」でねねを演じてお茶の間に親しまれ、映画、テレビ、舞台などで活躍。

藤村志保
島田藤子

第20作 昭和52年12月
男はつらいよ 寅次郎頑張れ!

寅さんはね、
あんたの考えてるより
もっともっと心のきれいか人よ。

島田藤子

島田藤子

島田良介(中村雅俊)の姉。長崎県平戸でお土産物屋(とレンタサイクル)を営んでいる。かつて結婚したこともあるが、すぐに離婚。今は一人で店を切り盛りしているが、ファンも多く、教会の神父さん(桜井センリ)も「惚れとる」ようだ。

男はつらいよ 寅次郎頑張れ!

第20作 男はつらいよ 寅次郎頑張れ!

とらやに下宿中のワット君こと良介(中村雅俊)が、初対面の寅さんを“押し売り”と間違えたことから大騒動となる。結局、寅さんと意気投合した良介は、食堂「ふるさと亭」の幸子(大竹しのぶ)との恋愛を、寅さんの指南で成就させようとするが、振られたと勘違い。良介はガス自殺を計ろうとして、とらやの二階は大爆発! 責任を感じ、長崎県平戸に帰った良介を、励まそうと寅さんがやってくるが、良介の姉・藤子(藤村志保)に一...

続きを読む

マドンナ
ゲスト