男はつらいよ

  1. >
  2. >
  3. 【書籍】「寅さんの鉄道旅 人情と聖地巡礼編」刊行決定!

【書籍】「寅さんの鉄道旅 人情と聖地巡礼編」刊行決定!

2018年2月26日に、『旅と鉄道』2018年増刊4月号「寅さんの鉄道旅 人情と聖地巡礼編」の刊行が決定!

【豊富なシーン写真と、人情あふれるセリフで、寅さんが乗った鉄道シーンが誌面に蘇る】
2012年10月に発刊し好評だった、映画『男はつらいよ』の鉄道シーンを取り上げた「寅さんの鉄道旅」の第二弾がついに発売!
今回は寅さんの言葉と、寅さんが乗った鉄道、降りた駅、旅をした舞台を特集した「人情と聖地巡礼編」。列島各地へと鉄道に揺られて旅をしては人と出会い、恋をして、笑いと涙を誘った寅さんの人情あふれる言葉を中心に誌面を構成。映画の場面写真をふんだんに掲載しているので、雑誌を開けば寅さんの世界が蘇ります。

tora-tabi-01re

『旅と鉄道』2018年増刊4月号「寅さんの鉄道旅 人情と聖地巡礼編」の詳細はこちら
http://www.tabitetsu.jp/

tora-tabi-02re

●寅さんの故郷、葛飾柴又を特集
第一章は2018年2月13日に都内では初となる国の「重要文化的景観」に選定されたばかりの、寅さんの故郷であり『男はつらいよ』の舞台となる葛飾柴又を特集。第6作「純情篇」で描かれた、柴又駅での寅さんとさくら(倍賞千恵子)の“赤いマフラーの別れ”など、柴又駅での名シーン、名ゼリフを取り上げています。
もちろん、帝釈天、『男はつらいよ』ゆかりの参道の名店、「寅さん記念館」にも詳しく迫り、今にも寅さんが旅先から帰ってくる足音が聞こえてきそうな構成となっています。

tora-tabi-04

●寅さんが旅をした地へ列車で旅する“寅鉄”の旅が満載

各地を旅して啖呵売を行うテキヤ稼業の寅さんは、人生が旅そのもの。“新幹線は速すぎて目が回る”という寅さんの移動はもっぱらローカル線。そこでローカル線でめぐる寅さんの舞台を訪ねる旅を特集。島田に架かる蓬莱橋で“女難の相”を指摘される第22作「噂の寅次郎」の舞台となった大井川鐵道には、評論家の川本三郎さんが旅に出ました。

そのほか『男はつらいよ』シリーズで最後のローカル線の登場となる第48作「寅次郎紅の花」の舞台、寅さんがきっぷを買うJR因美線美作滝尾駅や、津山、中国勝山をめぐりラストシーンの神戸へと向かうJR姫新線の旅、第17作「寅次郎夕焼け小焼け」で芸者ぼたん(太地喜和子)と出会う龍野の旅、第46作「寅次郎の縁談」で満男(吉岡秀隆)を追って訪ねた琴島の舞台となった瀬戸内の志々島、高見島と、八栗ケーブル、ことでんを結ぶ讃岐の旅を掲載。
物語の舞台となり寅さんが歩いた地を訪ね、現地で出会った人々に『男はつらいよ』ロケの思い出や、故・渥美清さんの当時の様子などを取材しています。

tora-tabi-05

●豊富なシーン回想で、寅さんの“鉄道名言”が続々登場!
寅さんにとって出会いと別れの場だった駅での名シーンや、のんびり走るローカル線車内での車掌や乗客とのコミカルなやりとりを、映画のセリフ、シーン写真とともに振り返っています。とことん鉄道シーンにこだわった“鉄道名言集”の特集です。

tora-tabi-06

●『男はつらいよ』シリーズ全48作品の世界は“鉄道シーン度”別に紹介
全48作品を鉄道シーンの見どころの多さ順に★★★、★★、★と3ランクの“鉄道シーン度”別に紹介。
作品中に出てくる鉄道シーンを取り上げています。


【書誌情報】
書名:『旅と鉄道』2018年増刊4月号「寅さんの鉄道旅 人情と聖地巡礼編」 著者:『旅と鉄道』編集部
仕様:A4変型判 128ページ
定価:1000円(税込)
発売日:2018年2月26日
全国書店、オンライン書店のAmazonなどで発売中。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B079JGGWZP/

◎旅と鉄道の最新情報はこちらからも発信中
『旅と鉄道』公式Facebook https://www.facebook.com/tabitotetsudo/
『旅と鉄道』公式Twitter @tabitetsu_web

◎映画『男はつらいよ』シリーズの最新情報はこちら
『男はつらいよ』公式サイト https://www.tora-san.jp/
『男はつらいよ』公式 Facebook(@torasanshochiku) https://www.facebook.com/torasanshochiku
松竹シネマクラシックス公式 Twitter @CINEMACLASSICSS